いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

はじめましての方はこちらから(私の生い立ち)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ
にほんブログ村

はじめまして。かな子といいます。

思いつくままに書きなぐったブログですが、ある程度記事が書き溜まりました。

初めて来た方ができるだけ読みやすいよう、生い立ちと関連記事をまとめてみました。読む順番のガイドにしていただければと思います。

はじめましての記事はこちら

はじめまして - いつか、雨はあがる。

 

私の生い立ち

母から逃れるために物置に隠れているのが物心ついた最初の記憶。

 ↓

<小学生時代>

母からの身体的暴力、暴言を受けながら、母の期待に応えるためにスパルタ塾に通い、私立中学を受験。

ストレスで両手の爪すべてを噛んで、爪が無くなる。

アレルギー症状やアトピー症状が悪化。

目は角膜の損傷でまぶしくてほとんど見えず、皮膚はかきむしって膿みボロボロ、死にたいほどの苦しみ。

母のきつい仕打ち、暴言に苦しみ、自殺して母を後悔させたいと思うようになったのが小学校5年生の時でした。

それか今まで、希死念慮が消えることはありません。

  ↓

<中学時代>

母の期待に応え、私立の進学校に進学。

しかし成績は底辺に。遅刻もある。

学校ではお調子者を演じるが、誰の言うことも聞くので、いじめを受けることも。(上履きを遠くに投げられたり、筆箱をごみ箱に捨てられるなど)

家では父母が喧嘩して罵り合い、父が母に暴力をふるう。

働く母の代わりに兄弟の食事を作ったり、世話をする。

母の私への干渉はひどく、机の引き出しはすべて漁られ、日記、手紙は隠していても全て読まれる。ゴミ箱もあさられ、レシートも見られて、叱られる。

書いてある文章や、絵などについて、「気持ちわるい女!こんなことを考えて!書いて!」と破かれながら罵られ、叩かれ、書いたものを焼かれる。 

リモコンやヘアブラシを投げられたり、頭や背中をたたかれたり、日常的な暴力は続く。

 ↓

<高校時代>

目立たないようにしていた方が得だと思いだし、自分からは他人と積極的にかかわらないようになる。

とにかくできるだけ目立たないように、この世に居ないように生活。

毎日寝る前にこのまま死ねたらいいのにと思う。

学校の授業料が引き落とされていないことがよくあり、呼び出される。

両親は兄のやっている部活にのめりこみ、家の中は兄の部活の成績の話題ばかりになる。

父と母は相変わらず暴力沙汰のけんかをし、何か月も険悪なことも。

私への暴力も母の機嫌しだいで、私が家を出るまで続きました。

 

幼少期~の虐待や家庭状況についての記事

(それほど恐ろしい表現はありませんが、虐待を受けた(かもしれない)方は、もしかしたら思い出して具合が悪くなるかもしれません。注意してください。)

母からの虐待 - いつか、雨はあがる。

自分の母は何かがおかしい?虐待と気が付けない中での生きづらさ - いつか、雨はあがる。

DVで腕を折られた母―保険証が無いのが当たり前だった。 - いつか、雨はあがる。

私の家では朝ご飯を食べたことが無かった。 - いつか、雨はあがる。

母は人格障害? - いつか、雨はあがる。

母のサンドバックで、着せ替え人形だった私 - いつか、雨はあがる。

嘘を吐かなくていい生活 - いつか、雨はあがる。

高校生でおねしょをしてしまう私 - いつか、雨はあがる。

私が一番怖い母は、本当は誰よりも弱い人間だった - いつか、雨はあがる。

家族の私に対する執着 - いつか、雨はあがる。

アレルギー症状に悩まされた幼少期~思春期 - いつか、雨はあがる。

母の価値観にがんじがらめにされて - いつか、雨はあがる。

大人の人と話せない、男性が怖い - いつか、雨はあがる。

 ↓

<大学時代>

母の強い希望で、奨学金を借りて地方の国立大学に進学。

一人暮らしをはじめる。

しかし、仕送りは家賃のみ。お金にびくびくしながら暮らす日々。

いくつかアルバイトをし、自炊。授業料免除の申請をして、なんとか卒業。

彼氏ができ、初めて自分のすべてを安心して預け、甘えられるようになる。

 ↓

<大学院時代>

母の希望で大学院に進学。

「お金はどうとでもなるから、人に自慢できる仕事(正規の研究職)に就け」と言われ、研究職を目指すが、実力の無さ、正規職のポストの少なさに挫折。

修士論文を出したあと、当時付き合っていた彼との結婚を考え始め、遠距離だった彼の住む県での就職活動をする。

しかし、彼が浮気をし、別れを切り出される。

親以上に信じ切っていた人に裏切られ、精神崩壊。

長年の希死念慮も手伝って、自殺未遂(大量服薬、首吊)、自傷行為リストカット)を繰り返すようになる。

 ↓

<社会人になってから>

精神科で「うつ病パニック障害」と診断。

このあたりのいきさつはこちら

不調の兆候と初めての発作 - いつか、雨はあがる。

初めての自殺未遂 - いつか、雨はあがる。

カウンセリングから精神科受診へ - いつか、雨はあがる。

パニック発作におびえて働きながら - いつか、雨はあがる。

生きていくための大量服薬 - いつか、雨はあがる。

  ↓

自殺未遂や自傷行為を繰り返し、安定剤と抗鬱剤の依存症に。

とてもじゃないがフルタイムの職に就くことはできないので、非常勤職に就きました。

自分が虐待を受けたとは思っていなかったが、今までの生い立ちや、母のことについて、精神科ナースの友人に打ち明けたところ「それはおかしい」と言われたことがきっかけで、自分が育った環境は異常だったのではないかと思い始めました。

そのいきさつについてはこちら

友達への告白 - いつか、雨はあがる。

 

しかし、分かったところで症状はよくならず、死にたい気持ちを抱えたまま、母とも相変わらず関わり続ける。

母からは「正規職に就け、もっと人に自慢できる職種に就け」、父からは「少しでもいいから仕送りしろ」と言われ続け、自分の奨学金の借金も多額なことから、病気を押して正規職に就きますが、やはり上手くいかず、1年で失職。

閉鎖病棟に入院するも、父も母も傍観しているだけで見舞いにも来ず、仮病だという考えで、体調を心配しもしなかったことから、親と決別する決意ができてきます。

そのいきさつについてはこちら

閉鎖病棟での生活1 - いつか、雨はあがる。

閉鎖病棟での生活2 - いつか、雨はあがる。

もう親を棄てようと思った時 - いつか、雨はあがる。

 ↓

その後、アルバイトや水商売の仕事を経て復職。

非常勤職ながら、生活をたてなおし、ずっと支えてくれた人と結婚。

主人は双極性障害です。

母は不倫をしており、現在父との生活は破たんしているようです。

母は主人との結婚に反対しており、憎しみと嫉妬のかたまりになっているので、結婚後も嫌なことをしてきて、主人も私も嫌な思いをさせられました。

しかし、絶縁して逃げると決め、二人でなんとか助け合って生活しています。

「大きな一歩」 ―逃げると決めました。 - いつか、雨はあがる。