いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

録音することの大切さ

祖母の死のことについて、思うことの記事を書いたのですが、たくさん書いたのに消えてしまいました。

言語化したことで、少しすっきりした気はしますが…。

保存の仕方を失敗してしまったようです。

 

今はあまり報道されなくなりましたが、ちょっと前、テレビで豊田真由子議員のパワハラについてニュースが流れていました。

テレビで録音のテープがかかるのですが、怒り方に母親に似ているところがあり、とても怖くなりました。

母はあれ以上にもっと金切り声で、言葉にならないうめき声や悲鳴を出しながら殴ってくるので、はっきりと言葉が聞き取れる豊田議員とはまた違うのですが、テンションは近いものがあります。

豊田議員は、あれを自分の部下にだけやっていたのでしょうか?

ご主人や子どもさんにはやっていなかったのでしょうか?

外面が全然違うところも母と同じです。

 

自分の母親以外にもああいうタイプの人がいるのだと知り、ほっとするような気もするし、ますます世の中が恐ろしくて、誰も信じられないような気がします。

豊田真由子議員のような人格はどのようにして生まれるのでしょうね?

 

もしかしたら秘書の方にも重大なミスなどがあったのかもしれませんが、だとしても普通あんな言葉づかいで、他人に対して言うでしょうか?

また、学歴もあって頭のいい人で、要領も良さそうなのに、録音されるリスクを少しも考えなかったのでしょうか?

怒りのコントロールができないのでしょうか?

 

しかし、あのような録音データがあったから、豊田議員の本当の姿を世の中に分かってもらえたわけですね。

私は10年以上も母親に暴力をふるわれておきながら、その間、どうして一度も録音するということに思い至らなかったのだろうと悔しく思います。

洗脳状態にあったせいもありますが、無念でなりません。

それで母をどうこうしようということではなく、そういう事実があったということを、誰か一人でも知ってもらえたら…あの苦しい時期に何か違っていたのかもしれないし、あんなに追い詰められるほど我慢しなくても良かったのかもしれない。

 

何もかも自分がバカで、勇気がなかったせいですが。

 

今となっては、もう絶縁している母なのでどうでもいいことですが、何かもっと対策は無かったのかと考えてしまいます。

 

ただ、父は母に録音機を仕掛けていました。

浮気の証拠を集めるためだったのですが、父が母の異常さをはっきり自覚したのは、父が録音機を仕掛けて、母の独り言を聞いてからでした。

母は独り言でも「クソが!」とか「死ね!」とか、毎日言っているのです。

 

父からの電話を切った後に、「死ね!死ね!」などと言っているのを、父が録音で知り、母に対して距離をおくようになりました。

母の罵詈雑言は、私は毎日聞いていましたけどね。

 

「お母さんがおかしい」

という私の訴えを、「確かにそうだ、あの人は何か変だ」と父が初めて同意して聞いてくれたのは、父が録音機のデータを聞いてからの事です。

「今更か」と思いました。

「前からあの人はああだよ。毎日毎日言っているよ。私が小さいころから」と父には言いました。

私は母の「死ね!」と聞きながら育ちました。

 

DV被害、パワハラアカハラ被害を受けている方、

録音は本当に大事です。