いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

生きるのは苦しい、死ぬのも苦しい

いつも星やコメントをくださる方、本当にありがとうございます。

 

自分にはいつも飢えた感じがあります。

誰かに話を聞いてほしい、共感してほしい。

そして他人をあんまり信用してないので人と関係がうまく築けないです。

 

でも今日は、自分のこと、知り合いにちょっと打ち明けてきました。

後でしゃべりすぎたかも・・・・って後悔して死にたくなりましたが・・・

でも笑って、否定するわけでも無く聞いてくれました。

ありがたかった。

 

久しぶりに会ったけど「また痩せた?」って言われてしまいました。

なんだかいつも拒食傾向があるのですよね。

頑張って食べないとすぐに痩せてしまいます。

羨ましがる人もいますが、羨ましいなんてものじゃなくてかなり辛いですよ。

筋肉も落ちますから。

 

生きるのは本当に苦しいですね。

世の中の人はどうして笑っているんでしょう。

そして死ぬのはどうしてこんなに難しいのかな。

逝ってしまう人はかんたんに逝ってしまうのにね。

そういう人は神様にゆるされた人なんだろうか?

 

でも、このブログにくるといつも癒されています。

世の中には善意があるのも真実なんだなあって。

 

私にできるのは、とにかく働くことです。

どんな仕事をするかは、とっても自由なんですよね。

今の仕事を絶対にやり続けなければならないって、前の私なら思っていました。

それが母の希望だったし。

でも、今は別に、自分のやりたいと思う仕事をやってみたらいいのですよね。

もう何に縛られることもないんだと思います。

 

たまにははめをはずしてもいいのかもしれないし、薬飲んだっていいのかもしれない。

自分のケアをしないといけないんだろうなと思います。

 

このブログを読んでくださる方も、どうか自分を大切に。

自分を許してくださいね。