いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

生きづらい―労働のあり方

仕事を辞めたいなあと思って、転職サイトを見ていました。

 

今の職場は職種が職種なので(詳しいことは書けませんが…)、とっても元気で自信があり、堂々としている方が多い職場です。

みなさん、声が大きい。体も大きい。背筋ものびている。

 

私はと言うと・・・

どんなに張り上げても声が細い、通らない。

大きな声で長く話すと、話した後はあはあしてしまう(汗)

体も人一倍小さい。背も低い。

人が怖いのでとても猫背・・・

と、とても適職とは思えない感じです。

 

それでも契約の非常勤職なので、パートのようなゆるい感じでやらせてもらっていて、なんとかなっています。

こんな私でも正社員で働けるようなところってないのかな?と色々探していましたが…そんなところは無さそうでした。

この業界以外でも正社員は拘束時間がとても長いみたいで、体の弱い人間が働けるような感じではありません。

 

やはり少ないお給料で、少しずつやっていくしかないのだろうなと思いました。

フルで働けないので、正直奨学金の返済がものすごくきついのですが、なんとか生きる道を探して行かなければと思っています。

 

大人になるまでは、正社員として仕事をすることがこれほどまでにプライベートを犠牲にしなければならないものだとは思っていませんでした。

職場の正社員の男性たちは、みな顔色悪く、冷や汗をかきながら仕事をしています。

家族も居て必死なのだろうと思う。

けれど、そんな感じで気が付けば何十年と経っていて、途中で過労で死んでしまったりすることも結構あったりして、それでも上はもっと、もっと働けと仕事を増やしてくる。

やらなければ干されてしまうような気がする。

熱心に働いて無いように見られる気がする。

一体、日本ってどういう国なんだろうなって思ってしまいます。

生きづらい世の中ですね。