いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

少しずつでもたくましくなりたい

ブログはほとんど更新していないですが、メールフォームから少しずつメールいただいたりしています。

ありがとうございます。

年が明けたら少し仕事が落ち着くかもしれません。

 

最近の体調などは・・・

時々体がすごくだるかったり、仕事を休みたいぐらいやる気が全く出なかったりするのに苦しんでいます。

まだ少し鬱の後遺症がある感じです。

もしかしたら一生こんな感じなのかもですが。

 

あとは相変わらず、他人と上手く話せないでいます。

向こうから話しかけてきてくれたことには受け答えますが、こちらからは絶対に行けません。

この傾向は実は学生時代からあったことを思い出しました。

中学生のころから、自分から人に話しかけたことがありません。

でも、不思議と向こうから話しかけてくれる人が居て、今までなんとかやってきました。

誰かと二人きりになった時など、話さないとどうしても感じが悪い時には、こちらから世間話をするようにしていますが、最近はそういう努力もしんどくなって、黙っている時もあります。

 

でもまあ、変な人だと思われていても、クビにならなければいいかなと思っています。(もしかしたらクビになるかもしれませんが…その時はその時)

 

楽しそうにお話しされている同僚を見るとむなしくなる時もありますが、「自分は自分」で、どこかに居場所を見出せる日が来たらいいなと思う。

 

親のことは結構よく思い出しますが、向こうからは連絡が無いのでほっとしています。

未だに、また連絡を取ったらどうなるだろう?と考えるけれど、想像しただけで、体が嫌だ、もう関わりたくないと拒否反応を示します。

どう考えてみても心が許す気になれなくて、その気持ちに正直に行動していればいいと思ったりしています。

 

夫のことですが、最近夫も「自分の親は毒親なんじゃないか」と自覚し始めてきました。

嫁の私が傍から見ていても変な感じなのですが、義父は不思議な人で異常なまでの負けず嫌い。

夫に負けたくないために夫が成功することを喜ばない人です。

夫の仕事がうまくいきそうになると邪魔をしてくることがあるくらい。

最近、夫は義父の存在を疎ましく感じているようです。

 

夫には、出会ったころから自分と似たような憂いがあることを感じていました。

夫の母も、母性の薄いような人でした。

結局夫とは、あまり親に大事にしてもらえなかった悲しみが共通しているのかなと思います。

 

しかし、そんなことを言っていてもどうにもならない。

泣き言も言わずたくましく頑張っている夫を見習わなければと思います。

 

世の中には自分以上に恵まれない子供時代を過ごした人がたくさんいるわけで、それでもみんな懸命に生きているのだから、自分もたくましくならねばならない。

たくましくなるというのは、少し図々しくなること。

自分を守ることに罪悪感を持たないこと。

 

他人に迷惑をかけるというのは違うけれど、迷惑をかけない範囲で逃げること。

自分一人で背負いこまないこと。

 

これが大切だと思っています。

そうしながらも、誰かに少しだけ、愛情を分けてあげられるといいなと思うけれど・・・

自分のことでまだまだ精いっぱいな私です。