いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

自傷行為について―自殺予防週間

久しぶりにブログを更新します。

読んでくださっている方、お元気でしょうか。

 

今日は仕事が久々に早く終わりました。

ちょっとミスをやらかしたり、いろいろとうまくできない所もありますが、なんとかやっています。

ブログをしばらく休むと報告しました時、メールをくださった方、コメントを書いて励ましてくださった方、本当にありがとうございます。

少しずついただいた善意のあたたかい言葉は全部、私の勇気になっています。

普通の人からしたら何でもない簡単な仕事で、お給料も本当に微々たるものなのですが、私は普通の人間になれるように、そして心の弱さに溺れないように、毎日必死でくらいついています。

 

ブログを久々に更新したのは、NHKのハートネットTVを見たからです。

9月は自殺予防週間ということで、「20代の自殺」の特集をやっています。

昨日は「自傷行為」についてでした。


ハートネットTV:20代の自殺 - NHK福祉ポータル ハートネット


ハートネットTV:2014年9月11日の放送 - NHK福祉ポータル ハートネット

 

私自身、20代のころ自殺したい気持ちと戦う毎日でした。

どうにか今まで生きてこれたのは、薬を大量に飲んだり手をカミソリで切ったりという自傷行為を続けてきたせいかもしれません。

 

ハートネットTVでインタビューに答えていた方の境遇がなんとなく自分に似ており、気持ちが痛いほどよく分かり、ブログを書こうと思いました。

 

よく「構ってほしいから切るんだろう」という意見を聞きます。

そういう人も中にはいるのかもしれませんね。

ただそういった理由で切っているわけでは無い者もいると思います。

私自身がどういう時に切っていたかというと、心が嫌な悲しい感情で埋め尽くされている時、切る以外に感情の処理ができず本当にどうしようも無くてやっていました。

切る時はもちろんいつも一人の時でしたし、切ってしまってからも誰にも言いませんでした。

外では傷跡は見えないよう、夏でもいつも長袖を着て隠していました。

外で誰かにばれたことはありません。

 

今の夫や唯一生い立ちを話してある親友には相談をしたことがありますが、相談をするのも嵐が過ぎ去ってから、切ってしばらく経ってから「実は・・・」と打ち明けて相談していました。

誰かに見てほしくてやっていたわけではなく、そうすることで本当の自殺を防いでいた?というか、自分でも良く分からないのですが、行きどころのない怒りを発散していたのだと思います。

前に記事にも書きましたが、自傷行為をしてしまう理由はストレスの原因に気が付いていないことなんじゃないかと考えています。


リストカットをしなくなった時ー認識しないストレスの怖さ - いつか、雨はあがる。

 

上のリンク記事にも書きましたが、私がリストカットを辞めることができたきっかけは「私は母が原因でこんなに苦しいのではないか?」と悟ったことだった気がするのです。

もちろんそれまでもずっと「母がおかしいような気がする」とは思っていたのです。

いつも自分に嫌がらせばかりしてくる。

母は自分を愛していないような気がする・・・と。

殴られたり蹴られたり散々酷いことをされてきて、それでも母を信じていたのがびっくりですし、そんなにされてもどうしてまだ「愛されているはずだ」なんて思うのか・・・なかなか理解されないと思います。

ですが、私には母のサンプルは母一人しかいなかったので誰と比べようも無く、行動範囲や友達と話す内容なども非常に厳しく規制されていましたので、母がおかしいとなかなか分からなかったのです。

 

でもなぜか苦しい。

やっぱり母がおかしいんじゃないか?

 

そういう葛藤を何度も何度もやって、やっと

「母は実は自分のことしか考えていない人だ」

「私に危害を加えてきているんだ」

と気づいた。

その時、どこへぶつけたらいいか分からずどうしようもなくて自分に向けられていた怒りは、徐々に母に向かって行きました。

そこからぴったりと自傷行為が止みました。

向精神薬睡眠薬をたくさん飲むことも無くなりました。

ずっと悩んでいた自傷行為が治ったのです。

今では「また切ってみよう」なんてことは全く思いません。

そんな痛いことなんでしていたのか。もう絶対に嫌だとすら思います。

 

いろんなパターンがあると思いますが、自傷行為を繰り返し行っている人の中には、「自分が何にストレスを感じているのか、自分でも気付けていない人がいる」

もしくは

「何にストレスを感じているのかさえ、気づけないように巧妙に洗脳されている人がいる」

ということを、どうかみなさんに知っていてほしいです。

 

本当の暴力、虐待というのは、相手を憎んだり怖がったりする自由さえ奪われるのです。

暴力を振るってくる相手に対して「優しいと思え」、「ありがたいと思え」、「感謝しろ」、「お前の方がおかしい」と、強い強い暗示をかけられているのです。

これは本当に怖いことだし、当事者が気づかない限り他人もなかなか助けようが無いです。

そのまま気づかれずに自殺するケースはたくさんあると思います。

 

自分が「怖い」「辛い」と感じるなら、そのまま感じていていいんです。

自分の感覚をどうか信じてください。怖いなら逃げてください。

女性のためのDV相談室 by NPO法人 全国女性シェルターネット
「DV相談ナビ」について | 内閣府男女共同参画局
チャイルドライン
一般社団法人STOP!ABUSE - 一般社団法人STOP!ABUSE

 

私は母に、自分の感情をすべて否定されて育ってきました。

「おもしろいな」と思っても「今のおもしろくなかったよね?そうでしょ?そうだよね?あんなのおもしろいと思う人は気持ち悪い人だから」

「怖い」と思っても「何が怖いのか、怖いと思うお前の方がおかしい、気持ち悪い」と、何から何までそういう言い方をされてきました。

泣くことも許されませんでした。

小さいころの自分を思うと、本当にかわいそうで怒りがこみ上げます。

長い時間をかけてゆっくりと、心を根っこからズタズタにされました。

 

だから今でも、自分が何が楽しくて何が苦しいか分からなくなる時が良くあります。

見るもの全てにフィルターがかかっているような感じで、なんとなく現実感が無いのです。

でもずっと母と離れていればいつか時が解決してくれるんじゃないかって思っています。

現に昔よりはずっと自分らしい感情を取り戻してきたように思うのです。

 

今でも時々死にたくなります。

もしかしたらこういう気持ちは一生治らないのかもしれないけど、残りの人生は自分を大事にしてもう一度やりなおそうって思っています。

 

長文を読んでくださってありがとうございました。

 

私の手の傷の一部写真です。

傷跡はもちろん塞がっていますしもう何年も切ったりしていないので、色もほとんど目立たなくなりました。

怖い写真ではないはずです。

今は腕時計をすれば分からないので半袖でも外に出ています。

元々それ程ひどく切っていたわけでもありません。ハートネットTVで自傷行為を治した女性の方と似ています。

が、もちろん不快に思う方もいると思いますので下の方に貼っておきます。

嫌な方は見ないでください。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:pinkmilkvetch:20140912131552j:plain