いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

異常な見栄っ張りの母

とりあえず、本業の仕事が一段落しました。

明日からは副業の方が少し忙しくなります。

奨学金を返すために少しでも稼がないとです。

 

お金、お金、お金・・・

とにかくずっとお金に悩まされた人生でした。

 

親のお金の使い方がアホすぎたため、食べ物や服には困りませんでしたが、学校の授業料が払えるかどうか、病院に行けるかどうか(保険証があるかどうか)には、いつもビクビクしていました。

 

自分でアルバイトして学校に行くようになってからは、食べ物も切り詰めていました。

 

粉を買って、うどんを打って暮らしていたこと。

どんなに遠いところへも自転車で行ったこと。

家賃3万(家賃が高い地域だったのでこれでも破格でした)の、ドアがペラペラ、エアコンなし、周囲に店無の物件に住み、泥棒に入られて警察を呼んだこと。

治安が悪い地域で、近所では強姦、放火が多々あり、ホームレスがうろついていて、アルバイトしていたコンビニでは万引きも見かけたこと。

母は、そんな私の生活を知ってか知らずか、「もっともっと」といつも言いました。

「もっと高い学歴を」

「もっといい仕事を」

「もっといい服を」

 

お金が全然ないのに、人に対して良い格好をすることだけは完璧にやらされ、私はだんだん頭がおかしくなり、家賃3万の泥棒に入られたボロアパートで、自殺未遂を繰り返すようになりました。

冬はどんなにストーブをつけても息が白くなるほど寒く、水道も凍り、給湯器もない。

夏は熱中症になるほど異常に暑くなる西向きの部屋でした。

雨の日に見に行って、不動産屋に「南向きだ」とだまされて入った部屋でした。

 

いつも何かに追われているような気がして、私は正常な精神でいることができなくなりました。

服も買えない、食べ物も食べられない、話す人も居ない。

勉強しようと思って文字を読んでも全く頭に入らず、夜も眠れなくなり、どうにもならなくなりました。

今思い出しても苦しくて怖いです。

二度とあのころには戻りたくありません。

 

昔は、母の言うことを素直に聞いて「もっと上に行かなくちゃ」とずっと思っていました。

でも、心を病み、頭がおかしくなってしまってから、どうやっても踏ん張りがきかなくなり、年金とか保険とか、税金をちゃんと払って、とにかく安心した暮らしがしたいって思うようになりました。

上に行くとか人にどう見られるかとか以前に、服がみすぼらしくても、靴がきたなくても、ちゃんとしたお金の使い方をして、ちゃんとしたところに住み、ちゃんとした物を食べて、健康になりたいと思ったのです。

 

こうして書くと、本当に当たり前な、普通のことでびっくりします。

そんな簡単なことに、私はずっと気が付かなかったのです。

小さい時から、税金を払うより何より、かわいいワンピース、ブーツ、コート、バッグ、美容院、私立の学校、そういうものにお金を払うべきだって教え込まれていたのです。

自分が自分のお金をそういうものに使ったわけではなく、親が服飾品にお金をかけていたわけなのですが。

 

今は、お金を使うべきものの優先事項が決まっています。

本当にほっとしています。

母は病気だったんだと、今になって思います。