いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

忘れたい

f:id:pinkmilkvetch:20131027131325j:plain

f:id:pinkmilkvetch:20131027132606j:plain

 写真を撮ってみました。

 

今日もまた父から着信がありました。

私は着信拒否にしてあるので履歴だけ見ました。

主人のところにもかかってきたそうですが、主人も取る気がしなかったみたいで、話してはいないそうです。

 

仕事で、小学生~高校生の子ども、それから60歳~80歳までのお年寄りのお世話や話し相手をすることがあります。

 

自分がされて、辱められたり、決めつけて否定されることの辛さがよく分かるので、話を聞くとき、できるだけ親身になって聞くようにしています。

 

でも・・・

時々黒い気持ちになります。

自分より恵まれていたり、優しい家族に支えられていたり、

無邪気にわがままを言われたり、家族自慢をされたりすると

「どうして自分は」と思い、笑顔の下は醜い気持ちです。

 

いい話を聞いて、「よかったですね~」「すごいですね」などと言っていますが、本当は内心とても冷めていて、全然感情が動きません。

正直、どうでもいいと思っている。

 

自分のことすらどうでもよくて、本当は消えていなくなってしまいたいのだから、他人の幸せを一緒に喜べるはず無いのかもしれない。

でも「ありがとうございます」って感謝されると、それはそれでなんだか少し嬉しくて、仕事した意味があったような気持ちになる。

そういう「ありがとう」をいっぱい集めているけれど、私の心のブラックホールにはそんな「ありがとう」は些細で小さすぎて、焼け石に水。

どんどんブラックホールに吸い込まれていく。

 

私はいいものを一生懸命集めている。

「ありがとう」の言葉とか

美しい景色の写真とか

私のことを好きだと言ってくれる人とか

毎日すごい努力をして、コツコツコツコツ集めている。

自分の中の破壊衝動、希死念慮に蓋をして

 

だけど、そんないいものを全力で帳消しにするくらい、自己嫌悪が刷り込まれていて

小さい頃から母に言われ続けた「気持ち悪い」とか

「臭い女」「背虫女」とか

 

いっぱいの憎悪のことばが私の心の中に、決して忘れられない恐怖と共にあって、

時々気が狂いそうになります。

安定剤を飲みながら、こらえています。

 

本当は、仕事も辞めて治療した方がいいのだろうか?

でも辞めてしまったら、今後こんないい職場に恵まれるかどうか分からない。

おかしくならなように踏みとどまらないといけないです。