いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

過干渉の親、ネグレクトの親

 今日も意外に仕事が忙しく、へとへとになってしまいました。

ごはんも面倒なので、圧力鍋でほっとくだけのカレーにしました。

主人がうるさく言う人じゃないのでありがたいです。

 

先々月、先月に比べると体調はずいぶんましなので、適度に休息を入れながら維持したいですが・・・とにかく実家から何の連絡もないのが本当に救いです。

 

今まで、父母共に私に依存していたところがあって(金銭的にも)、しょっちゅう電話がかかってきていて、いつも対応していたのですが、

そのたびに嫌なことを言われ、愚痴を聞かされ、嫌な気持ちになって薬を飲んだりお酒を飲んだり・・・そして次の日も体調が悪くて、ご飯も食べられず・・・そんな繰り返しでした。

 

電話を取ると具合が悪くなるのは分かっていますから、そのうち2回に1回、3回に1回と電話を取る頻度を減らしていたのですが、そのたびに「親の電話には必ず出るもんだ」と怒られて

ずっと出ないと「どれだけ心配したと思っているんだ!お前が死んだんじゃないかと思って!!」と、激昂され・・・

 

「もう結婚しているのだから、私に何かあれば主人から連絡が行くから」と言っても聞き入れようとしない母。

「お前の夫は何をしている人だかちっとも分からない、結婚の時も説明は一切なかった!」

と言って、怒っていましたが、主人が話をしようとしても忙しそうにして、わざと話を聞かないのは母でした。

母は他人に対しての恐怖があるようで、主人に対しても何かおそれを感じているんだなっていうのを私は何となく感じ取っていました。

主人は裏表がなく、嘘を言わない人ですが、母は正反対で、嘘ばかり言って虚勢を張っていないと人と接せないような感じの人なので。

 

先日、寝る前に主人と話していて、気が付いたのですが、過干渉で育てられた人と放任的に育てられた人では、孤独に対する耐性が違うのかもなーと思いました。

 

主人は、ぜんそくの発作で苦しんでいたり、悲しいことがあって泣いていても常に放っておかれていたそうで、

長男なのですが、全てお父さんが優先される家だったらしく、寂しくてみじめなことが多かったみたいです。

そのせいかは分からないけれど、昔から人がいないと寂しくてだめなんだそうで、一人暮らしの時は一人で家にいることができなくて、常に外に出かけていたと言っていました。

今は私が居るので寂しくないそうなのですが、むなしい気持ちはどうしても抜けないと言います。

 

私は、本を読んだり絵を描いたり、料理を作ったりして家で一人でいるのが好きで、どちらかというと誰にも会いたくないんです。何日でも一人でいられます。

友達からの誘いを受けても、実はあんまり行きたくないんです。

仲良くはしたいのですけど、人と会うのが辛くて。

それを主人に

「かな子さんはどんなに一人でも平気なのですごいね」

と言われたのですが、

思うに、私には小さいころから一人の時間が少なく、持ち物や書いたものなども全て母にチェックされて漁られていましたので、その反動なのではないかと。

 

県外に出て一人暮らしをした時は、ようやく自分の空間が持てたと思い、こんなに自由でいいのかと困惑したくらいでした。

嬉しかったのですが、飛行機の距離に離れても、もし母が急にやってきたらどうしようとか、盗聴器やカメラをしかけられているのではないかとか(電話で私の行動を逐一覗いていたかのように、言い当てたり鋭いことを言う時があって)

そういう恐怖があり、その恐怖は結婚した今でも続いています。

 

先日法律相談に行った際に、「もし、母や兄が私の家に急に入ってきたら」ということをご相談しまして、問答無用で警察を呼んでいいし、ご主人の家でもあるから犯罪になるということを言ってもらえて、ちょっと落ち着いたのですが

カギを増やしたいとか、防犯装置をつけたいという思いはあって、主人にも相談しています。

 

肉親のストーカーというか、、こんな風に過干渉気味の毒親、毒兄に困らされている人ってよくいるのでしょうか?

私はほかに聞いたことがなくて。

自分は死にたいと毎日思いますが、そうでなければ、母と兄にはどうか私に関係ないところで死んでほしい、同じ日本に住んでいるのが怖い、とまで思ってしまいます。

 

********************************

7年前、うつ病パニック障害と診断されましたが、現在はほとんど回復しているかな子といいます。

病気になった原因を長年探し続け、薬物療法や運動療法、食事療法など試行錯誤してきました。

30を過ぎてから、実は私の育てられ方や、親との関係に根本的な問題があるということが分かってきて、問題を見直し、自分の思考のくせを治そうとカウンセリング治療を受けながら模索しています。

 

はじめての方は、もし私の生い立ちにご興味あれば、こちらからお読みください。

身バレを防ぐため、一部事実を変えて書いてありますが、親や兄弟との関係や、されたことなどはありのまま書いてあります。

はじめましての方はこちらから(私の生い立ち) - いつか、雨はあがる。

 

にほんブログ村 家族ブログ DV・モラハラへ
にほんブログ村


うつ病 ブログランキングへ

**************************