いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

ストレスはもらったところに返す

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


うつ病 ブログランキングへ

7年前、うつ病パニック障害と診断され、回復中のかな子といいます。

はじめての方はこちらから読んでくださいね。

はじめましての方はこちらから(私の生い立ち) - いつか、雨はあがる。

**************************

 

昼間は暑かったですが、今はとっても涼しい風が入ってきていますね。

今日で今やっていた仕事が一段落しました。

と言っても、また来週から新しい内容の仕事になるのですが、ほっと一息ついてます。

 

4月から新年度が始まって・・・

5月には猛毒母からのヒス電話で、主人も私もこてんぱんにやられ、激やせ・・・

 

でも、30過ぎて、生まれて初めて母に対して声を荒げ、大声で言い返すことができたのも5月でした。

 

手は震え、声も震え、涙もぼろぼろ、ぐしゃぐしゃで、電話が終わった後も、後から後から、表現しようのない怒りが体からあふれ出て、拒食になり、何日も寝込みましたが・・・

でもきっとこれは、私が一人の人間として、自尊心やアイデンティティを取り戻すのに必要な作業に違いなかったんだと思っています。

 

憂鬱な気分のまま迎えた6月は、梅雨の低気圧も手伝い最悪のコンディションで、職場の人にも心配されて、仕事を減らされそうになる始末。

ようやく今月になって、カウンセリング先も決まり、徐々に気分もましになってきて・・・

ホントに怒涛のような数か月でした。

 

主人もどん底まで落ち込んで、実は私が居ない時に何度も首を吊ったようで、夜帰ってきて首に傷跡(縄のこすれあと)を見つけるということがありまして、

主治医の先生にも何回かご相談し、私が長時間家を空けることもままならない感じだったのですが

夏の日差しのせいか、主人も少しだけ、気分がましになってきたみたいで、昨日は久々に自分でお酒を買ってきて飲んで、真っ赤になっていました。

 

主人が元気そうにしていると、心底ほっとします。

 

怒りや悲しみはため込んではダメです。

ためこむ癖をつけるのもダメ。

かといって関係ない人に当たるのも違っていて、

「ストレスはもらった所に返す」

ってことが、大事なんだろうなーと思います。

でも仕事でもらうストレスは、なかなかそういうわけにもいかなくて難しいんですけどね・・・お給料は我慢料なんでしょうね。。