いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

多剤投与に気をつけて  向精神薬依存にならないために

過去に暴力や暴言などを受けた覚えがあって、現在薬を服用されている方は、向精神薬や安定剤の依存に気を付けてください。

薬は結局、対症療法でしかありませんので、根本的な治療にはなりません。

 

昨今、心療内科もずいぶんかかりやすいイメージのところになりました。

いざかかろうと、予約を取ろうとしてもどこもいっぱいで、初診が1か月先になってしまうなんてことはザラです。

 

しかし、トラウマやPTSDの治療はなかなか進んでおらず、病院に行って過去のことを訴えたりしても抗鬱剤と安定剤、睡眠薬を出されて終わりのところがほとんどです。

便秘や胃もたれなどの副作用を訴えたら、さらに下剤と胃薬が増えて終わり。

お医者さんは、具合が悪いと言われると、それに応じた薬をどんどん処方するだけです。

現在出ている症状を緩和するのが医者の仕事であり、それ以上でもそれ以下でもないからです。

 

過去の出来事が起因している精神不安定の場合は、どんなに薬を増やしていっても完治することはありません。

治るどころか、怖い過去の記憶から逃げるために、安定剤や睡眠薬をどんどん飲んで、依存に陥ってしまう可能性があります。

現に私がそうでした。

私はアルコールがほとんど飲めない体質のため、お酒に依存することはありませんでしたが、安定剤や睡眠薬をお酒で飲むことによってより深く酩酊し、現実を忘れるということを繰り返し続けました。

それはただ、苦しみを先送りするだけのことで、頭を麻痺させて時間を無駄に過ぎさせるだけのことでした。

 

根本的に治したいと思うのなら、怖くても、過去に起こった出来事としっかり向き合うしかありません。

 

まずはどのようなことをされたのか、信頼できる人や、頼れるカウンセラーに話してみましょう。

話せないなら書いて文章にしてもかまいません。

信頼できる人にメールして読んでもらうのもいいと思います。

思い出したくなくて記憶に蓋をしている部分があったり、自分で思い出さないように記憶を消しているところもあるでしょう。

箇条書きやメモでもかまいません。

時系列にしてみてもいいでしょう。

少しずつ思い出そうと努力していると、だんだんと思い出していきます。

その過程で、ものすごく苦しくなるかもしれません。

吐き気や、眠れなくなったり、悪夢に悩まされたり、拒食に陥ったりする場合もあります。

辛かった当時そのままの情景がまざまざとよみがえったりするかもしれません。

そういう時は無理をせず、少し休んで、少しずつ少しずつでいいと思います。

 

私は自力でこの作業をしてきましたが、腕のいいカウンセラーさんがついていてくれるなら、そのカウンセラーにお任せしながら徐々にやっていくといいと思います。

最初は怒りの気持ちも出てこないかもしれません。

でも、自分が死にたい気持ちは、そのまま=他者への怒りの気持ちなのです。

 

死にたいとあなたが思っているなら、それはあなたが優しい人だから、本当は他者に向けるべき怒りを自分自身に向けているのです。

今まで鬱屈していた怒り、自分で気が付かなかった怒りが、せきをきったようにあふれ出てきたら、毒抜きが始まった証拠です。

 

どうか薬だけに頼らないで、薬は適切な容量を飲むにとどめて、一度過去の辛いことに徹底的に向き合ってみてください。

自殺のリスクがありますから、過去に向き合う時は、親身になってくれる家族や友達が居れば、付いていてもらいましょう。

信頼できる医療機関やカウンセリングを利用しつつ、いろんな人に助けを求めつつやった方がいいと思います。