いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

あたたかい言葉、優しい人々に癒されて

 JUGEMテーマ:家庭
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 家族・友達へ
にほんブログ村

記事を書くのが心の癒しになっています。
母から電話があってから、嵐のような日々が過ぎ去りました。
ご飯はだいぶ食べられるようになりました。
安定剤は飲んでいますが、まだちょっと情緒不安定で、朝と夜に急に苦しくなって泣いたりしています。
でも、泣くのはきっといいデトックスですよね。

特に起きぬけには、昔のことをぶわーっと思い出してしまって、ものすごく嫌な気分になりますが、声を殺して泣いていると、主人が来て背中をさすって、タオルをくれます。

今、派遣社員として働いているのですが、兼業が可能な職場です。
それで、もう一つお仕事の話があって、多分週1回で、お給料もほんとに微々たるものなんですが、もしこんな私でお役に立てるのであれば、お受けしてみようかなと思っています。
もしこれから継続してカウンセリングにかかれたら、カウンセリング代くらいにはなるでしょうか・・・。

どうにか夏休みも取れそうな感じなので、夏には主人と2人で、どこか安い旅行にでも行こうかなんて話しています。

肉親には、かなりはっきりと「もう連絡してこないでくれ」と伝えましたし、住んでいる場所は飛行機の距離に離れています。
着信も拒否してあるので今後何もないとは思いますが、まだ心の中に恐怖があります。

母は最近毎日夢の中に出てきて、夢の中で主人と私の生活に干渉し、いやがらせをしてきます。
それで寝起きはとっても具合が悪いのです。
母を助けられなかった、幸せにしてあげられなかったという罪悪感がある反面、お願いだからどうかこのまま死んで、そして地獄に落ちてほしいという思いもあります。

どんな風に気持ちの整理をつけたらいいか分かりませんが、とにかく今は、自分の生活を大事にして、自分を良くしていくことを考えたいと思います。

支えてくれる方が不思議といっぱいいます。
このブログを通じて私の過去を知り、ご自身の辛い体験に寄せて、あたたかい励ましのメールをくださる方もいます。

また、過去を知らずとも、引退された元職場の女性や、友達のマッサージやさんのお姉さん、副業でお世話になっていたお客さん、いろんな人が気にかけてくださいます。

お金も無く、仕事もフラフラでなんとか行っているような私にやさしくしたって、何の得も無いように思うのですが、優しい女性が世の中にはいるものです。

私は母にやさしい言葉をかけてもらったことが無い代わりに、母以外の女性からたくさんの優しさをもらいました。

私は、実際の知り合いには誰にも、深い内容を打ち明けてはいません。(一部を知っている幼馴染はいます)
ですが、今まで仕事などでかかわった方がくれた
「派遣社員でいいじゃないか、あなたは体が弱いのだから、体を健康にすることを一番に考えてゆっくりやっていきなさい。焦ってはダメ」とか
「毎日ヨガを5分でも10分でもいいからやるって約束して。それからご飯もちゃんと食べるって約束して。」とか
「本当にお世話になったから、今も感謝していますよ。」とか
そんなあたたかい言葉が、私の心の中にともし火のようにあって、私が私であることを支えています。

別に親を幸せにできなくたっていいじゃないか。
親以外の、血のつながらない誰かを幸せにする人生だっていいじゃないか。
そう思おうとしています。
遠くの親戚より近くの他人と言いますしね。
そう考えると、婚家に今後何か実害がない限りは、不安になったりおびえたりせずに堂々としていようと思いました。