いつか、雨はあがる。

幼少期からの虐待によってうつ病、パニック障害を発症。自殺未遂、向精神薬・安定剤依存、入院を経て、現在は非正規で働きながら兼業主婦をしています。対人恐怖を治療中。どのように自尊心を回復していくか、日々思ったことを書いていきます。

いつか雨は上がると信じて(宣誓)

  にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村

母とやりあってから、この2週間食事がのどを通らず、45キロあった体重が、あっという間に40キロになってしまいました。

24歳でパニック発作を発症してから、調子が悪くなると拒食傾向になるのですが、今回もそうなってしまって参っています。

なんとか食べようと思い、おかゆやお茶漬けを口にするようにしているのですが、食べてから少しすると吐き気が襲ってきます。

吐き気だけで、戻さないで済むときもありますし、戻してしまう時もあります。

なにより、やっと任せてもらえるようになった仕事・・・

今の職場に入ってから、主人に支えられて、少しずつ体調を良くしました。

それに伴って仕事も少しずつ増え、信頼も得られてきた気がしていたのに・・・

先週は周りに人が居る中でデスクに着いていることさえしんどく、2回も早退してしまいました。

仕事に復帰してからずっと、職場の人と必要最低限しかかかわらず、仕事だけしてすぐ帰る生活。

周りの人におかしいと思われているのではないか、冷たい人間と思われているのではないか、精神状態が悪いことがばれているのではないかと気にしてきました。

でも、最近は仕事を認めてくれる人も居て、割り切れてきて、「まあ、それでもいいか」と思えるようになっていたのですが・・・

さすがに真っ青な顔で職場に行くのが辛いです。

朝、服を着替えて、化粧をすることすらしんどいのに、声を出して挨拶をしたり、お客さんに対応したり・・・考えるだけで怖く、不安になります。

今回の母との接触は、事故にあってケガをしたようなものと考えたらいいでしょうか。

時が経てばまた必ず回復すると信じて、今は安定剤に頼りながら乗り切ろうと思います。

でももう二度と、こんな状態になるのは嫌です。

私の旧姓は珍しい名字で、人目を惹いてインパクトがあるので、旧姓を知っているお客さんや、以前からの知人には未だにその名前で呼ばれることがあります。

でも私はその音を聞くのも恐ろしく、字面を見ただけでも震えがきます。

結婚して、普通の名字になって、どんなにほっとしたでしょうか。

呪いが解けたかのような気がしたのです。

でも、名前が変わるだけで問題が解決するわけではありません。

私が自分自身のの力で、勇気を持って自身の罪悪感から逃げ切らなければ、何も状況は変わらないでしょう。

いつまでも自分を憐れんで、不幸の泥の中に身をゆだね、周りの人間にとりすがって生きようとするのであれば、それは母と同じです。

母と同じ人間になるならば、いっそ死んでしまいたいと思いますし、昔のように薬を大量に飲んでしまいたい衝動にも駆られます。

刃物を持って、自分自身をめちゃくちゃに切り刻みたくもなります。

産まれてきたくなかった!誰か殺してくれ!死なせてくれ! あたりかまわず、喚き散らしたくなります。

でも、そんなことをするのは、今まで良くしてくれた主人に対しての最悪の裏切りですし、恩を仇で返すもいいところでしょう。

私は自分を保たなければなりません。

必要最低限の分の安定剤を飲み、消化にいいものを少しでも食べて、水分を取って、自分を大切にしなければなりません。

こうしてここに書くことで、私はこれを宣誓にしたいと思います。